<<05  2016,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
これまでの流れをホームページにまとめてみました。
多読開始 / 100万語まで


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
ラダーシリーズ「鼻」「よだかの星」@多読中。
芥川龍之介面白いなと思って、続けて「鼻」も読んでみたんですが、これが難しかった。
かなり訳わかんない状態だったので、評価保留にしておきます。

っていうか、向かい合って座った人に鼻を支えてもらうとか、シュールすぎてよくわからん(笑)
イラストもシュールすぎる(笑)

やっぱり、ちょっと、ストーリーの流れで読んでる部分が大きいのかもしれません。
こういうことが書いてあるんだろう、と思って読むのと、まったく何が書いてあるのかわからない状態で読むのではだいぶ違いますし、相当正確に読めないと意味を見失いますよね。
やはり、このレベルはまだ難しいようです。


The Nose 鼻 ラダーシリーズ
語数:2860 -評価保留- YL3

芥川作品3作、杜子春、鼻、藪の中、もし買うのなら、セットになってるものがあるんですね。
しかもCDつきで、訳つき!↓
英語で読む芥川龍之介短編集 Short Stories of Ryunosuke Akutagawa【日英対訳・CD付 】 (IBC対訳ライブラリー)


よだかの星 The Nighthawk Star (ラダーシリーズ Level 1)
語数:2340 ★★★☆☆ YL2.3
宮沢賢治の独特の描写と、英語の書き方とではやはりちょっと受ける印象が違うかもしれないと思いました。




杜子春 Toshishun (ラダーシリーズ Level 1)
語数:3660 ★★★☆☆ YL2前後?
In the Woods 薮の中 ラダーシリーズ
語数:3300 ★★★★★ YL2.5前後?

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ラダーシリーズ ごんぎつね、藪の中、杜子春@多読中
ラダーシリーズはレベル1でもYL2~3とネットで見ていたので、難しいかなと思って避けていたのですが、読むものがなくなったので、薄そうなものから(笑)

杜子春は1分間80語ちょっとくらいのペースで読めました。
わからないところもほぼなかったと思います。1か所あったかな…
でも杜子春はストーリー知りませんでしたが、わかったので、YL1台くらいと思ってもいいかもしれません。
藪の中はちょっと難しかったです。
最初意味を確認しないで読んでたので、多少話を見失ってましたが、後ろの方の単語の意味を見てわかった感じです。


杜子春 Toshishun (ラダーシリーズ Level 1)
語数:3660 ★★★☆☆ YL2前後?
最後の方、どっちが正解なんだー!!!? と、思いながら読んでました(笑)


In the Woods 薮の中 ラダーシリーズ
語数:3300 ★★★★★ YL2.5前後?
何がどうしてそうなったのか? と、心理状態とかを考えつつ読む感じで、誰が本当のことを言っているのか、矛盾はないのかとか、いろいろ考えるところがあり、面白かったです。
いや、ほんと、真相は藪の中だ!と、思った(笑)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
多読50万語まで
多読は現在40万語台。

目安はこちら。

http://www.seg.co.jp/sss/learning/sss-for-low-intermeidate.html

40万語というと…
(レベル2 35万語)累計47万語

時間でいうと60時間くらいまでなんですが……

もう100時間くらい経過していて、40万語ちょっとで、YL1前後でちょうどいい。

って、いくらなんでも遅すぎ(笑)

最初の方で語数を計算していなかったので、語数的にはもう少し行ってると思うんですが、それでも遅い。

最初に難しいの(YL3くらい?)を読みすぎて(10~20時間くらい)、多読になっていなかったのも大きい気がしますが…それにしてもねぇ(^^;

レベルはこちら。

http://www.seg.co.jp/sss/review/osusume.html

やっぱり若い子じゃないと伸びない勉強方法かもしれない(笑)

あとはしっかり基礎ができていないと……。

多読にそんなに基礎はいらないみたいな話ですが…。

やり方が悪いのか。。。?

これだけできないとさすがにやる気がなくなってきますね。お金も労力もかかるし。。。

多読をやりながら、語彙増強とも思ったんですが、やっぱり単語帳での暗記が苦手です。ぜんぜん覚えられない。

難しいですが……

もうしばらくは続けてみます。

遅い人でも200時間で100万語くらいって話なので、あと100時間くらいはやってみようと思います。

ひとまず50万語まで。続けて100万語で。

レベル2になると、面白そうな本がいろいろありそうなので、その辺までの我慢ですが…

我慢しすぎ?(笑)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
ゼロ・グラビティ
ふつうにテレビで吹き替えで見た映画(笑)



ストーリーはあってないような感じで、登場人物もハリウッド映画によくありそうな感じ。

単純に主人公が無事に地球に帰れるのか!? っていうのを、ドキドキして観る感じでしょうか。

そこ、つかめなかったら、宇宙の果てまで飛んでっちゃうよーっていう緊張感とか(笑)

CG? とか、立体感というか、物が飛んで来たり振り回されたりする時のリアリティとか、すごいなーと思ってみる映画ですね。

アカデミー賞も、撮影とか視覚効果とか、そっちの分野で受賞しているようですが、その通りテレビで見ても凄いなと思いました。

単純に娯楽作としてよくできているし、面白かったです。

脚本とか、そういうのは考えない方がいい映画ですね。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
Big Fat Cat 4~7巻 オススメ@多読中
Big Fat Cat 続けて4~7巻。全部まとめて★4.5くらいな感じで。

面白さで言ったら完全に★5個ですが…

面白かったからこその、途中ちょっと中だるみっぽい感じもしてしまったので。

葛藤する感じとか、心の声とか文中で書くんじゃなくて、やっぱりエピソードとか話の展開で見せて欲しい感じというか。

読むのが遅いので余計長く感じたのかもしれませんが。

でもホント、1巻から7巻まで一気に読んでしまいました。

っていうか、ジェレミー絶対エドのこと好きじゃないですか?(笑)

最後は、一歩間違ったら死んでるので、微妙な気もしてしまったりとか、ジェレミー最後全然出てこないのもかわいそすぎとか(笑)

ジェレミーは、お父さんももうすぐ。。。って話してたし、お店もだし、心配だわ!(笑)

ネコは実はそんなに登場が多くなくて、そこまでの絆かなぁと思ってしまったりとか。まあ、でも理由もちょっと説明してましたが…。

難易度としては、全体に、私にはちょっと難しすぎた気がします。

難しすぎたけど、すっごい面白かった(笑)

意味の取れないところはそんなになかったような。

あまり時間を気にせずにわからなかったら2度3度読んでました。

後ろの文法とかは読んでないです。あれなしで、3巻3000円くらいだったらなーと。

また、もう少し英語力があがったらもう一度読んでみてもいいかもしれません。

しかし、これ読んでると、恋するフォーチュンクッキーが頭から離れなくなります(笑)


BIG FAT CAT AND THE MAGIC PIE SHOP ビッグ・ファット・キャットとマジック・パイ・ショップ (BFC BOOKS)
語数8316


Big Fat Cat vs. MR.JONES (BFC BOOKS)
語数4500


ビッグ・ファット・キャットとフォーチュン・クッキー (BFC BOOKS)
語数7000


BIG FAT CAT と雪の夜 (BFC BOOKS)
語数9000

最終巻の短編も本編とは別の話ですが、面白かったです。

ネタバレですが。。。





Red Bookは、結局何が書いてあったかわからないということでしょうか?
何だったんだ……。
気になる(笑)

というか、付録?でついてる短編とか読み逃してるのがあるかも。。。
後でちょっと見てみます。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
Big Fat Cat 1~3巻 オススメ@多読中。
Big Fat Cat 全7巻ですが、ひとまず3冊。パイ職人と、ネコの話。

1は少し簡単でYLだと1台かもしません。それ以外は2~3でしょうか。

結構、難しいんですが、先が気になって気になって読んでしまう感じ。

1は導入、2でさらに怒涛の展開? で、3は、かわいそうで泣けてきます。

難しい単語にルビがふってあるのがすごく邪魔なんですが、2巻以降は逆にルビがないと難しすぎて読めなかったかも(^^;

その人のレベルによって邪魔かそうでないかに分かれそうですが…

ぱっと見た時に、先にルビを読んでしまい(笑)

で、英単語見ると知ってるとかも多いので、余計に時間がかかってるような、どこ読んでるんだかわからなくなるような。

文中じゃなくて、別に記載してくれた方がよかったかもしれません。


Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)
語数1700 おすすめ★★★★☆
ちょっと話が短い(でも値段は高い)のでマイナス1。


Big Fat Cat GOES TO TOWN
語数4000 おすすめ★★★★★
続きが気になる。


Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS)
語数3927 おすすめ★★★★☆
かわいそうすぎるのでマイナス1で。

巻末に文法の説明とかあるんですが、そちらはほとんど読んでません。
ちょっと読んだんですが、わかってる感じの内容だったので…。

面白いので必死に読んでしまって、でもレベル的にちょっと私にはまだ難しいので、非常に疲れます(笑)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
Curious George オススメ@多読中
毎週土曜日の朝はCurious George。

どーしてそんなに人気? と、思いましたが、ずっと見て、本まで読んでたら、

ジョージが物凄くかわいく見えてきました。

グッズ欲しいな。。。とか(笑)

絵本も1冊1500語くらい(?)でそこそこ読み応えもあり。

レベル的にはYL1.5前後でしょうか?

もう、このレベルはジョージでいいや、みたいな(笑)

ストーリーが物凄く面白いわけでもないですが(^^;

まあ、でもそこそこ楽しくて語数も多くて文章も読みやすいのでいいですね。

図書館も置いてあるところが多そうな気もしますし…

そこそこなお値段で売られているのでよいかも。

Curious George

こちらはアマゾンですが、セットでCDもついて3000円ちょっとならいいかも。。。合計で1万語くらいでしょうか?



現在32万語ちょっと。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
プロフィール

かぼちゃ

Author:かぼちゃ
2014年と2015年に少し多読をやってみて挫折し、2016年4月にTOEICを受験したのを機に、TOEICは一度置いておいて再び多読を始めました。

2016年4月時点……TOEICリーディング325点、英検2級1次試験の過去問で筆記9割くらいの正解率から。
日々の学習についてはこちらのブログで。

・2016年4月 開始
・50万語くらいでやっとPGR0(YL1未満)が10分以内で読めるようになり。
・2016/10/2 100万語達成(読んでたのはChristmas in Prague
・128万語くらいでOBW1(YL2弱)は100語/分を超えるくらいに。

星評価
★★★★★ 読み物として面白い
★★★★☆ 面白かった
★★★☆☆ よかった
★★☆☆☆ 悪くはないけど
★☆☆☆☆ ダメでしょ

YL(自分の感覚で適当に書いてます)
アマゾンリンクについて:ご購入の際は書籍名、言語種類等よくご確認ください。(検索して表示させていますが、同じタイトルで複数表示されれものも多く、すべてのリンクについて詳細な確認が難しいため)


にほんブログ村

最新記事
Rakuten
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
↑難易度が高いと感じたもの
ORT (1)
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。